鎮西聖徳山 小石観音寺

お問い合わせはメール・お電話にて受付けております。
093-771-2004
受付時間:9時〜16時
お問い合わせ
  • 文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大
  • 安産祈願
  • 腹帯の巻き方
  • お礼詣り
  • 夏季大祭
  • 節分星祭
  • 各種祈願
  • 厄年カレンダー

ご祈願 腹帯について

腹帯の巻き方

腹帯はお腹の赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても、安心に過ごすために必要なものです。
今では簡単な腹巻きのようなものや、コルセットのようなものまで様々ございますが、
さらしは通気性もよく、月日とともに大きくなるお腹の大きさに合わせて、ご自分で調整しながら付けることができます。
ご祈祷した腹帯は御利益のあるものですから、
慣れるまで一人では着けにくいときには、ご家族の方に手伝っていただいてご使用いただければ幸いです。

  • 腹帯の巻き方:ステップ1

    さらしを半分の幅に折ります。(さらしの耳の部分どうしを合わせるように)

  • 腹帯の巻き方:ステップ2

    半分の幅に折ったさらしを、クルクルと端から巻いていきます。

  • 腹帯の巻き方:ステップ3

    折り目部分が下になるように持ち、巻き始めます。巻き始めの部分を左手で押さえ、まず1周させます。
    お腹を持ち上げるような気持ちで巻いていくので、なるべく下の方から始めます。

  • 腹帯の巻き方:ステップ4

    巻き始めの部分は斜めに少し出しておきます。
    (2周目を巻き終えたときに、斜めに出しておいた巻き始めの部分を中に折り込みます。)

  • 腹帯の巻き方:ステップ5

    体の中央でも脇でもやりやすい方で、折り返しながら徐々に上に巻き上げていきます。
    左手を差し込みながら行うと、やりやすいです。あまりきつくならないよう、気を付けましょう。

  • 腹帯の巻き方:ステップ6

    妊娠後期になりお腹が大きくなってきたら、
    脇で折り返す方がお腹がモコモコにならず、動きやすいようです。

  • 腹帯の巻き方:ステップ7

    さらしが最後まで巻けたら、巻き終わりを中へ折り込みます。
    (安全ピンなどで止める場合は注意してください。)

トップへ